050-5532-9606

Nature’s Marvels/前立腺機能用バイオレギュレーター

スペシャルオファー バイオレギュレーター製品3箱以上ご注文頂くと1箱1000円引き!

¥5,600

前立腺機能の正常化を支援(旧名リビドン)

内容量

20x200mgカプセル

成分

ペプチド複合体、ポリソルベート80,結晶セルロース(E460),シュガービート,ラクトース,スターチ

用法と用量

一般的予防と調整の為の使用 1日に2錠(朝1夕1)を10日間(合計20錠)半年毎に使用。必要に応じて毎月、あるいは2~3ヶ月毎を繰り返す。

集中コース 1日2錠(朝1夕1)を30日間 → 毎月10日間 1日2錠(朝1夕1)→ 2ヶ月毎に10日間 1日2錠(朝1夕1) → 3ヶ月毎に10日間 1日2錠(朝1夕1) → 4ヶ月毎に10日間 1日2錠(朝1夕1) → 6ヶ月毎に10日間 1日2錠(朝1夕1)

説明

リビドンが勃起障害や性欲減退を支援するだけでなく、男性にとって最も一般的な前立腺疾患である、過活動膀胱や頻尿といった症状を伴う前立腺肥大およびBPH(良性前立腺肥大)に加えて、前立腺炎や前立腺癌などにも効果的なことが示されている。チトマーやテストルテンと併用される場合もある。

幹細胞に代わる遺伝子スイッチ

Nature’s Marvels バイオレギュレーター(以降バイオレギュレーターと表記)の開発研究者であるウラジミール・カビンソン教授は、現在、欧州老年学および老年医学アカデミーの会長ですが、1980年代、ソビエト連邦(現ロシア連邦)の軍事医療隊の大佐でした。当時、彼と彼のチームは上層部からの指令により、開発中の新兵器を取り扱う隊員におこる健康障害を改善する研究に従事し、短鎖ペプチドとDNAの関係性に注目し研究を進め、約20年間の臨床研究の結果、バイオレギュレーターの開発に成功しました。
ありがたい事に、2021年現在、その新兵器は使用されていません。
当時は、軍事機密として公開されておりませんでしたが、現在、それらの研究は公開され、バイオレギュレーター製品として、現在に至っています。

バイオレギュレーターは、非常に特別な短鎖ペプチドであり、各臓器、腺、組織に働きかけ、タンパク質合成を開始する為の「ショートカット」として機能する事を特定します。

ロシアの研究グループは、これまでに21種のバイオレギュレーターが特定のDNA鎖と相互作用し、修復と再生プロセスを効果的かつ非常に具体的に活性化することを示しています。
又、20年間の臨床により、これまでに深刻な副作用や禁忌の報告がない事も注目に値すると言えるでしょう。
なぜ?このバイオレギュレーター療法は経口投与が可能であり、安価なのでしょうか?
まずは、機能するために免疫系を抑制する必要がないという事に注目されます。

研究所チームは、各臓器/腺に対象組織の起源にもかかわらず、それぞれに生物学的予備力が42%に設定されていることを発見しました。機能していない状態にもかかわらず、予備力が42%隠れていた訳ですから、非常に驚きの発見でした。

各臓器、腺、組織の正常化を保つための使用方法は、365日使用する必要はありません。
単純な使用として、10日間毎日2カプセルの単純なコースの後でも作用することが示されています。健康な人は、各臓器の正常化の為に、6か月毎にコースを繰り返すことをお勧めしますが、必要に応じて、3か月毎、2か月毎、または必要に応じて1か月毎に繰り返すことができます。
バイオレギュレーターは関係する臓器、腺、組織に作用して、原因となるDNAを活性化することにより、効果的に「若く」「促進」します。
バイオレギュレーターの相乗的相互作用など、学ぶべきことはまだたくさんあります。
個人がホルモンを同時に使用している場合は、それらの用量や用途などを減らすために、血中濃度をより綿密に監視する必要があるかもしれません。

 


上記記載の内容は、製品に添付されている説明書を日本語訳したものであり、医師、専門家の指導に成り代わるものではありません。 製品のご使用は、必ず担当医の指導のもとでおこなってください。

注意

これまでのところ副作用の報告はなく、既知の禁忌もありませんが、脂質レベルを下げる薬やホルモンサプリメントを服用している人がNature’s Marvelsバイオレギュレーターを服用する場合は、服用量を減らすとともに、頻繁に血中濃度をモニタリングする必要があるでしょう。

よくある質問

以下の質問に対する答えは、臨床研究結果をもとに、情報として平均的な観点から述べています。医師、専門家の指導には成り代わりません。

Q; 筋肉機能用バイオレギュレーターの働きについて教えてください。
A; 筋肉細胞の代謝プロセスを調節し、安全マージンを改善し、極限状態での適応能力に有利な効果をもたらします。又、筋肉組織の過酸化プロセスを調節するのに役立ちます。厳しい身体的負荷の下で筋肉を回復する為に効果的な働きをします。
筋肉系の予備能力を維持する必要のある、適度な運動をする人、適度な運動が必要な人、特にサルコペニアを発症している可能性のある高齢者にも有効です。

Q; 甲状腺を全切除し、天然由来のサイロイド240㎎を使用していますが、甲状腺機能バイオレギュレーターは有効でしょうか?
A; 残念ながら、全切除により甲状腺「生物学的予備力」を開始する腺が取り除かれていますので、バイオレギュレーターは働きません。

Q; うっ血性心不全に有効なバイオレギュレーターを教えてください。
A; 開発研究者のカビンソン教授は、心臓機能バイオレギュレーター、血管機能バイオレギュレーター肝臓機能バイオレギュレーター3種を1日2カプセル(朝1夕1 又は 朝2)を1ヶ月間毎日使用の後、毎月10日間コース (1日2カプセル)を推奨しています。

Q; 加齢による様々な懸念から、副腎、胸腺、松果体、軟骨、視力に関連したバイオレギュレーターを使用したいのですが、同時に使用してもいいでしょうか?
A; バイオレギュレーターは、それぞれがその期間にのみ適用できる非常に特異的な遺伝子反応を持っている為、同時に組み合わせても問題はありませんが、特定のホルモンの改善が互いに干渉する場合がありますので、モニタリングが必要です。バイオレギュレーターの使用の推奨として、まずは、最も弱いところにターゲットを絞り改善する事です。弱点器官を積極的に1ヶ月毎日コースで改善しながら、健康な器官は3ヶ月毎に10日間コースや、6ヶ月毎に10日間コースを組み合わせて安定させる方法です。

Q;  多発性硬化症の70歳の女性に有効なバイオレギュレーターを教えてください。
A;  難しいケースですが、中枢神経機能用バイオレギュレーター松果体機能用バイオレギュレーター血管機能用バイオレギュレーターを試すことができます。

Q;  慢性不眠症の67歳の閉経後の女性に有効なバイオレギュレーターを教えてください。
A;  松果体機能用バイオレギュレーターにより、メラトニン分泌がかいぜんされます。

Q;  睡眠障害を伴う慢性疲労の68歳の男性に有効なバイオレギュレーターを教えて下さい。
A;  松果体機能用バイオレギュレーターをお試しください。症状によっては、定期的な使用が必要になる場合があります。

Q;  インスリン依存型糖尿病患者に有効なバイオレギュレーターを教えてください。
A;  インスリン依存性が強い場合は困難ですが、膵臓機能用バイオレギュレーターおよび松果体機能用バイオレギュレーターを試してください。

Q;  2型糖尿病患者またはメタボリックシンドローム/インスリン抵抗性の人に有効なバイオレギュレーターを教えてください。
A; 膵臓機能用バイオレギュレーターおよび松果体機能用バイオレギュレーターが有効です。

Q; 一般的ま高齢者に有効なバイオレギュレーターの組み合わせを教えてください。
A; 副腎機能用バイオレギュレーター胸腺機能用バイオレギュレーター血管機能用バイオレギュレーターが推奨されます。

Q; 男性と女性の投与量に違いはありますか?
A; バイオレギュレーターは、性別や体重よりも必要性に関連します。

Q; 使用するすべての組み合わせに血管機能用バイオレギュレーターを加えると良いと聞いたのですが?
A; はい、それは推奨されます。

Q; 骨粗鬆症の閉経期の女性に有効なバイオレギュレーターを教えてください。
A; 軟骨機能用バイオレギュレーターが推奨されます。この場合、定期的な使用が有効です。

Q; 免疫系の障害を修正する方法を教えてください。
A; 胸腺機能用バイオレギュレーター松果体機能用バイオレギュレーターおよび血管機能用バイオレギュレーターの組み合わせが推奨されます。

Q; 甲状腺の障害を修正する方法を教えてください。
A; 甲状腺機能用バイオレギュレーター血管機能用バイオレギュレーターの組み合わせが推奨されます。

Q; 腎臓の障害を修正する方法を教えてください。
A; 腎臓機能用バイオレギュレーターと血管機能用バイオレギュレーターの組み合わせが推奨されます。

Q; 精巣の障害を修正する方法を教えてください。
A; 精巣機能用バイオレギュレーター血管機能用バイオレギュレーターの組み合わせが推奨されます。

Q; 前立腺の障害を修正する方法を教えてください。
A; 前立腺機能用バイオレギュレーター血管機能用バイオレギュレーターの組み合わせが推奨されます。

Q; 網膜の障害を修正する方法を教えてください。
A; 網膜機能用バイオレギュレーター血管機能用バイオレギュレーターの組み合わせが推奨されます。

Q; 一般的に視力の問題を修正する方法を教えてください。
A; 網膜機能用バイオレギュレーター血管機能用バイオレギュレーターおよび中枢神経機能用バイオレギュレーターの組み合わせが推奨されます。

Q; 肝臓の障害を修正する方法を教えてください。
A; 肝臓機能用バイオレギュレーター血管機能用バイオレギュレーターの組み合わせが推奨されます。

Q; 中枢神経系に関連する障害を修正する方法を教えてください。
A; 中枢神経機能用バイオレギュレーター血管機能用バイオレギュレーターの組み合わせが推奨されます。

Q; 副腎に関連する障害を修正する方法を教えてください。
A; 副腎機能用バイオレギュレーター血管機能用バイオレギュレーターの組み合わせが推奨されます。

 

関税と消費税

製品合計金額が16000円を超える場合は、税関の判断により、関税および消費税が発生します。(目薬を除くサプリメントの関税は15%+消費税、目薬には関税はかからず消費税のみ。)関税・消費税の納税は、税関から納付書が送られてきますので、ご注文主様自身で納付手続きをしてください。

レビュー

レビューはまだありません。

“Nature’s Marvels/前立腺機能用バイオレギュレーター” のレビューを投稿してください。

関連商品